南 郁夫の野球観察日記(6)
祝! イチロー、日米通算4257安打達成!

2016年6月16日(文/南 郁夫)



ついにイチローが日米通算安打数で、ピート・ローズ超え。マスコミがつまらない騒ぎ方をしてケチが付くのが残念だが、問答無用のMLB通算3000本も時間の問題であろう。我々神戸のファンの前から姿を消してから、イチローはメジャーでほぼ3000本もヒットを積み上げているのだ。なんという、男であろうか。

いまだにそのプレイの質とスピードは、オリックス時代とまったく変わらない。なんだか、やすやすと記録を作っているようにも見える。がしかし、メモリアルヒットで二塁に駆け込んだイチローが、敵地観衆のスタンディングオベーションに応えてヘルメットを脱いだときに、我々は「はっ」とさせられるのだ。

その「白髪」は残酷な時の流れを感じさせ、そして彼がそれをものともせずに日々成し遂げてきたことの凄みを示している。本当に、なんという男であろうか。

イチローはいまだに史上最高級の野球選手である。しかし考えてみてほしい。我々は、イチローを失ったのだ。しょうがないことだが。イチローの素晴らしい記録を記念して、今回は私の古いコラムを紹介したい。2001年4月、イチローがマリナーズに入団したときにしたためた、喪失感あふれる一編である。




イチローは遠くにありて思ふもの(2001年4月)


すでにマリナーズのユニフォームが何の違和感もない彼。 テレビ画面からも、「涙ぐんでがんばってる日本人」臭がしないのが、さすがである。当然のようにメジャーに溶け込んでいるのが、憎い。シーズンに入っても気負いなくプレイするだろう。いつもそうしてきたように。テレビの中のメジャーな彼は、いつも身近に感じたあの彼と同じ人間という気が、しない。さびしい。

そう。もうグリーンスタジアム神戸に行っても、彼はいないのだ。

完全に、圧倒的に、ゴミ箱のふたを全部開けても、彼はいないのである。シーズンが迫った今になって、妙にうろたえてしまう自分がここにいる。マリナーズ行きが発表されたときは、「そりゃそうやろ。よかったやん」と思えたのに・・・もう去年彼が当たり前のようにグランドにいたことすら、夢だったような気がする。

スタジアムに向かうとき。

「どんな試合であろうが動いている彼が見られる」というだけで、どんなにわくわくしたことか。珍しく彼の見せ場がない試合だって、打球を追う姿や低い弾道の返球、投球動作に入ったときの構えを見ているだけでシアワセな気分になれたものだ。極端な話、守備につくために走っていくだけでも絵になるのが彼だった。

8番バッターのくせに、ものすごく鋭い打球を連発していたのに驚いたのが最初。そのときは「鈴木かぁ」ぐらいの印象だったが。その後、あれよあれよという間に地味なチームを全国区に押し上げた彼。ブルーウェーブ夢階段。
当時のスタンドには「えっなんで?」というような可愛い女の子が激増し、落ち着かない気分になったものだ(もっとも彼女たちは彼の打席以外のことにはまったく興味がなく、雑誌を読んだりお菓子を食べたりだったが)。しかし。

なんと言っても、あの1996年である。

震災のおかげで並ぶことには慣れてしまった我々を、さらに連日チケット売り場の前に長時間並ばさせ、やっと地元での胴上げを見せてくれたあの試合を、私は一生忘れることはできないだろう。レフト線を転がる彼のサヨナラ打の軌跡、スタジアムの絶叫、脳裏をよぎった被災生活のあれこれ、ぴょんぴょん跳ねてた彼の姿・・・

いつだってどこだって思い出して胸がきゅっとなる。

あのときの空の色さえも、脳裏に蘇るのだ。

人は成長する。そして未来永劫確かなことなんてない。当たり前のことだ。
でも、この期に及んでも、彼がいないっていうことが、うまくまだ頭で理解できない。

何事もなかったように新しいシーズンは始まろうとしている。彼がいた場所には、何年か前の彼のような、生き残りをかけた若い選手が立っているのだろう。そしてプレーボールがかかり、真新しいボールでまた野球が始まる。

もちろん、これからもその場所にいたいと思う。

スタジアムは、うっとりするような芝生の匂いをさせて私を待っているに違いないから。







関連記事
南 郁夫の野球観察日記
グリーンスタジアム神戸に。行こっ!
http://kobe-kspo.com/sp006.html

T-岡田が四番ですが、なにか?
http://kobe-kspo.com/sp012.html




南 郁夫 (野球観察者・ライター)
通りがかりの草野球から他人がやってるパワプロ画面まで。野球なら何でもじっと見てしまう、ベースボール遊民。あくまで現場観戦主義。心の住所は「がらがらのグリーンスタジアム神戸の二階席」





Copylight(C)K!SPO All Rights Reserved.